住之江区安立で不動産店舗を構えて売買物件・賃貸物件どちらも取り扱っています!住之江区はもちろん、他エリアの不動産も取り扱います!売りたい・貸したいもシャインエステートへ相談お待ちしております!!

シャインエステート

 06-6657-5470

キーワードで物件を探す

住宅ローンが払えない!そんな時は任意売却という方法があります!

更新日:

住宅を購入後に転職や経済情勢の変化で住宅ローンの支払いが遅れたり、滞ってしまったりするといった心配をされる方が結構多いようです。

家の購入は普通なら一生に一度って言う場合が多いかと思うので理想的な物件を求めて、月の支払額に無理が出てしまったのかもしれません。

でも住宅ローンが払えないとちょっと困ったことになってしまいます。

住宅ローン支払いが滞るとどうなるのか?

支払いができずに手続きをしないまま放置してしまった時、最悪の場合はローンの借入先金融機関から物件の差し押さえが行われることがあります。

そしてさらにそのまま競売にかけられるという事が起こりえます。

こうなってしまうと売却金額も市場価格より少なくなり、退去日も裁判所から強制執行として決められることもあります。

この場合だと手元にはあまりお金が残らない事も多く、引っ越しにかかる費用の捻出すらままならないかもしれません。

そうなってしまう前に任意売却を検討するべきです。

任意売却とは?

住宅ローンが払えなくなった場合や借入金が返済不能なってしまった場合に有効な解決方法の1つで、競売入札がおこなわれる前に所有者と債権者との合意の基に、所有者の意思で売却することです。

例えば、住宅ローンを滞納してしまい、家を売ってそのお金で残りのローンを返済しようとしても、売却金額がローンの残りの金額より少ない場合は全額返済することが出来ずに抵当権を消せなくなってしまいます。この場合不動産売買が出来ません。

そこで残債に金額が届かない場合でも仲介業者が入って債権者と交渉することにより、話合い売却金額や条件などの同意を得て、債務者が設定している抵当権を抹消して物件を売却し、その売買で出た差額を再度ローンを組み直し、少額ずつでも返済していく方法です。

もちろん売却ですので持ち家はなくなってしまいますが、競売にかけられて安く買い叩かれたりするよりも任意売却したほうがまだメリットがあります。

任意売却のメリット

住宅ローンを支払えない時に任意売却を選択した場合のメリットについてお話します。

競売よりも市場価格に近い値段で売却できる

競売での物件売却の場合は通常の価格よりもかなり安く買われていくことが多いのですが、任意売却なら市場価格と同じとはいかなくてもそれに近い価格で売却できます。
先ほどの通り少しでも高く売却できた方が、売却後の返済も少なくて済みます。

その理由としては物件の権利者や買主さんとの話し合いで金額が決められるからですね。
さらに仲介手数料は、売却代金から分配されるので売主様の負担はありません。引越し代金等も確保される場合もあります。

購入者が決まるまでは家に住み続けることができる場合もある

競売にかけられた場合は強制退去を命じられたりしますが、任意売却を選択した場合は買い手が付くまでその家に住み続けることが出来る場合もあります。

更には買主さんなどとの話し合いによってはそのまま賃貸料金を支払うという形で、その物件に住み続ける事が出来るかもしれませんし、
お知り合いの方に購入していただき、その後買い戻しなんて事も可能性としては残ります。

まとめ

住宅ローンの支払ができない場合に何もせずに滞納し続ければ強制退去のうえ、物件を競売にかけられる可能性がある。

それを回避するために少しでも負担の少ない条件で物件を自主的に売却することを任意売却と言います。

任意売却には債権者の同意が必ず必要になりますが、それ以外は普通の不動産売買と違いはありません。

任意売却の相談は早いほうが有利になります。滞納前や滞納2ヶ月くらいまでが有利です。3~4ヶ月滞納から債権者は競売の準備にかかる事が多いですので時間が無くなってきます。早い相談をオススメします。

競売よりも売却金額が高いことが多いので売却後の諸費用捻出などに役立ちます。

メールでのお問合わせはこちらから

-ブログ

Copyright© シャインエステート , 2018 AllRights Reserved.